公害防止管理者の過去問大気の勉強 webテキスト

本サイトの活用法

●本サイトは管理人が数種類の国家資格の試験勉強より、導き出した方法を公開しています。
これから、公害防止管理者の国家試験へ挑戦される方の、試験勉強に活用いただければ幸いです。


●初めに・・・
公害防止管理者の試験勉強は、机に向かって勉強が苦手な方や、まとまった勉強時間が取れない方でも、細切れの時間(トイレ・お風呂・移動時間等)を利用して、繰り返し学習を行えば合格可能なので、気負わずに、勉強内容と向かい合ってください。


●今から始めようとされる方
今から始めようとされる方は、試験までの科目別の予定を立て、(私は、過去問1日5問×5年分×複数回+間違えや分かりにくい問題の再確認・周辺情報の勉強をしました。)1科目ずつ勉強して、頭の中を整理して進めましょう。
公害防止管理者の国家試験は、科目合格後2回分の免除期間があるので、苦手な科目は飛ばして、先に取れるところだけ確実にとる方法も良いと思います。
(2年計画までを、お勧めします。)


●勉強の進め方
1.テキスト(要点まとめ)を理解しなくてよいので、流して読んでください。
  (一気に読まなくて良いです。細切れの時間を使いましょう)

2.過去問を解きながら、1問5択の選択肢全ての関連情報を確認します。

3.2をひたすら繰り返します。

4.過去問に慣れてきたら、周辺情報も確認しましょう(記憶の片隅にある程度で・・・)。


●過去問の解説の【難易度】について
低中高の3段階であらわしています。問題の細かさや、出題頻度も考慮して評価しています。

低:過去問を理解していれば、迷わず正解できる問題です。

中:過去問で解答が絞れる問題です。関連情報を組み合わせれば、正解出来ます。
  これが、ほぼ正解できれば合格は近いです。

高:過去問の学習で通用しない難しい問題です。捨て問題になります。
ページのトップへ戻る