公害防止管理者大気の過去問の勉強 webテキスト

平成29年(2017) 公害総論

平成29年(2017年)公害総論の問題と解答・解説です。問1~3について、1問ごとに解答・解説しています。

問1

環境基本法に規定する定義に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

この法律において「地球環境保全」とは,(1)人の活動による地球全体の温暖化又はオゾン層の破壊の進行,(2)海洋の汚染,野生生物の種の減少その他の(3)陸域及び海域の全体又はその広範な部分の(4)環境に影響を及ぼす事態に係る環境の保全であって,(5)人類の福祉に貢献するとともに国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するものをいう。

問1 解答・解説


【正解】(3)
【難易度】



問2

環境基本法に規定する環境影響評価の推進に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

国は,(1)土地の形状の変更,工作物の新設その他これらに類する事業を行う(2)事業者が,その事業の実施に当たりあらかじめその事業に係る環境への影響について(3)自ら適正に調査,予測又は評価を行い,その(4)結果に基づき,その事業に係る環境の保全について適正に配慮することを推進するため,(5)必要な手続を講ずるものとする。

問2 解答・解説


【正解】(5)
【難易度】



問3

環境基本法に規定する環境の保全上の支障を防止するための経済的措置に関する記述中,ア~ウのの中に挿入すべき語句(a~e)の組合せとして,正しいものはどれか。

国は,環境への負荷を生じさせる活動又は生じさせる原因となる活動(以下この条において「負荷活動」という。)を行う者がそのに係る環境への負荷の低減のための施設の整備その他のをとることを助長することにより環境の保全上の支障を防止するため,その負荷活動を行う者にその者の経済的な状況等を勘案しつつ必要かつ適正なを行うために必要な措置を講ずるように努めるものとする。

a:負荷活動   b:適切な措置  c:環境上の支障
d:経済的な負担 e:経済的な助成

  (ア)  (イ)   (ウ)
(1) a   d   c
(2) c   a   d
(3) a   b   c
(4) c   a   e
(5) a   b   e

問3 解答・解説


【正解】(5)
【難易度】





>>>次の3問へ>>>
ページのトップへ戻る